スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
あと1週間で臨月!!
ただ今35週、あと1週間で臨月に入ります。
やっとここまで来たなぁという感じ。
赤ちゃんに会えるのはとっても楽しみだけど、やっぱり健康に生まれるのか心配で心配でたまりません。
というのも、エコーは20週以来していないので、順調に育っているのか本当に心配なのです。
でも、ここまで来たら無事に生まれてくれるように祈るのみです。

前回の記事を書いてから、血糖値の方はますます落ち着いて、ドクターから"Perfect"と褒められ、1日4回の血糖値測定が1日2回に減りました。
少しでも体調が良い方向に向かっているということは、とてもうれしいことです。

先日35週の健診では、子宮口が2センチ開いていると言われて驚きました。その時はなぜかうれしかったのですが、家に帰って調べると「安静にしていた」「入院した」などいろいろ心配なことが書かれてありました。
でも、私はドクターに何も言われなかったし、ドクターは笑顔で「あ?、少し開いているね?」という感じだったので、大丈夫なのかな。。。
でも、無理だけはしないようにしようと思います。

あと心配していたのは逆子で、いつもお腹の下の方に胎動を感じるので絶対逆子だと思っていました。
でも、内診で頭が下にあると言われ、「え?」と気が抜けてしまいました。
うれしいことなのですが、思い込んでいただけに驚きです。
エコーで確認もしていないし、胎動も特に場所が変わったということもないので、「本当に?」という感じですが、私が勝手に逆子だと勘違いしていただけかもしれません。

次の健診は1週間後と思っていたけれど、なぜか2週間後の37週。
この時期で2週間空くのは少し心配ですが、仕方がないですね。
その間に何も起こりませんように。。。
赤ちゃん、もう少しお腹の中にいてね。
スポンサーサイト
【 2007/11/28 15:59 】

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
近況報告
3ヶ月間もブログを放置してしまいました。。。
現在33週、9ヶ月に入っています。

8月に更新して以来ずっと安定していたのですが、7ヶ月に入って妊娠糖尿病になってしまいました。
アメリカでは、24?28週に妊婦は全員血糖値の血液検査をします。
1時間の糖負荷検査です。
私はその検査で引っ掛かってしまい、3時間の糖負荷検査をしましたが、それでも血糖値の数値は高く、妊娠糖尿病と診断されてしまいました。
その後、栄養士さんに栄養指導を受けて、血糖値を測る機械を購入して1日4回の血糖値測定をしています。

今回は順調に行けるかな?と思っていたので、診断されたときはとても落ち込みました。
おなかの赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
あまり運動しなかったのがいけないのかなぁ、おやつを毎日食べていたのがいけないのかなぁ・・・など自分の行動を悔やみました。
と同時になぜ私が・・・という思いも拭い切れませんでした。
アメリカ人の方が太っている妊婦さんはたくさんいるし、私は元々やせ型で体重も急激に増えたわけでもないのに・・・と。
糖負荷検査も病院によっては検査の日は朝から絶食してくるように言われる病院もあるようですが、私の場合は何も言われなかったので普通に朝食を食べて行ったので、その時点で検査結果に違いが出てきます。
また、3時間の糖負荷検査の前は3日間食事に気を付けるとどこかのホームページで見たこともあるのですが、私の場合は1時間の糖負荷検査の結果を聞いてすぐ次の日に3時間の糖負荷検査をしたので、3日間食事に気を付けることもできず・・・。
などなど、1人で悶々と考えていたこともありました。
そんな時には必ずお腹の赤ちゃんが元気に動いて、私を励ましてくれるような気がして涙が出ました。

でも、その検査に引っ掛からず、妊娠糖尿病であることに気付いていなかったら、赤ちゃんに影響が出てくるので、病気に気付いてよかったのかなと今は思えるようになりました。

そんなこんなで、今は食事療法と運動、1日4回の血糖値測定の日々です。
【 2007/11/13 10:40 】

| 赤ちゃんに会えるまで | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。