スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
蒼空へのプレゼント
先日の蒼空の誕生日を迎えるにあたって、いろいろとプレゼントを用意していました。
今日はそれを紹介したいと思います。

まずはおもちゃ。
木の電車のおもちゃをあげようとずっと思っていて、いろいろ探しに行ってやっとかわいいものを見つけました。

d3.jpg


ネームトレインと言って、自分で好きな文字を選ぶことができます。
色もたくさんあったので、バランスがいいように元気な色にしました。

蒼空の思い出箱は以前買ったものですが、写真を入れる部分があって何をいれようかずっと迷っていました。
最近クロスステッチをすることがあったので、ちょうどいい図案を探して電車のステッチにしてみました。
e3.jpg

a3.jpg


箱の中にはへその緒や安産のお守り、エコー写真のアルバムなどが入っています。

そしてこれもずっと蒼空のために作ろうと思ってなかなか取り掛かることができなかったもの、バースサンプラーです。
バースサンプラーとは、赤ちゃんの名前と誕生日、体重などを入れたクロスステッチです。
c3.jpg


図案は星のボタンのところが普通のボタンで、一番下のステッチも"Cute as a button"となっていましたが、"ボタンのようにかわいい"では意味がよく分からなかったので、星のボタンにして"Cute as a Star"にしました。

今までしようと思っていてもなかなかできなかったことが、1年かかってやっとできてよかったです。

蒼空、喜んでくれているかなぁ。。。
スポンサーサイト
【 2007/08/30 00:24 】

| 蒼空のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
22週2日
1年前の8月15日、私は蒼空をお空に還しました。
蒼空の命はは22週2日という短いものでした。
今新しい命を宿している私、お腹の中の赤ちゃんは昨日22週2日を迎え、そして越えました。

22週2日を迎える前日の夜、私はいろいろと考えていました。
現在妊娠している私にとって、8月15日という日付よりも22週2日という週数の方がはるかに大きい存在です。
お腹の中で元気に動いている赤ちゃん、蒼空のときもそうだった。
胎動もしっかりと感じている中、明日には蒼空とお別れしなければならない・・・1年前の22週2日の前日、私はどんな想いでいたのだろう。。。
考えても考えてもやっぱりその日の気持ちには戻れませんでした。
というか、やっぱり本心は考えられない、考えたくないという気持ちでした。
お腹の中で元気に生きている赤ちゃんの命をどうして絶ってしまうことができたんだろう、なんてひどいことをしたんだろう、やっぱりその想いは消すことはできません。
でも今同じ週数になってみて、1年前のあの日はきっと今の私が考えたくないくらい辛く悲しい日だったのだろうなぁと思えます。
そんな風に冷静に思えるのは、今の私が蒼空を亡くした深い悲しみ、苦しみを少しでも乗り越えられたからではないかな、と思います。
うまく言葉にできませんが。。。

22週2日を越えた今、そしてこれからは私にとって未知の世界。
元気な赤ちゃんに会えるまでは不安は尽きませんが、蒼空に見守られながらがんばろうと思います。

【 2007/08/22 00:28 】

| 蒼空のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
8月15日 蒼空の誕生日
8月15日は蒼空の誕生日でした。
本当なら命日なのですが、私は命日とは言いたくありません。
産声もあげることなくこの世に誕生したけれど、私にとっては8月15日は蒼空の誕生日なのです。

当日はプレゼントに木の電車のおもちゃ、ケーキと風船、お花を飾ってささやかにお祝いをしました。
おめでとうとごめんねの気持ちを込めて。。。
蒼空は喜んでくれているかな。。。
b3.jpg


あれから1年、私はいろいろな想いの中で過ごしてきました。
蒼空とお別れしてから半年は本当に辛くて、自分でも気持ちをコントロールできなくなったりしたことも何度もありました。
それでも主人に支えられ、家族や友人に励まされてなんとかすごしているうちに、少しずつ新しい命を望むようになりました。
そして新しい命はやってきてくれました。
蒼空に申し訳ない気持ち、授けてくれてありがとうという気持ち、正直複雑な想いの中今まで過ごしてきました。
そして蒼空の誕生日。
1年前蒼空の命を私が絶ってしまったことを申し訳なく思う気持ちは今もありますが、今は1年間見守ってくれてありがとう、赤ちゃんを授けてくれてありがとう、人の優しさを教えてくれてありがとう、たくさんの「ありがとう」に変わりました。
蒼空が見守ってくれていると思うと心強い気さえします。

これからも空から見守ってくれている蒼空、私の心の中にいる蒼空とともに生きて行こうと思います。

蒼空、お誕生日おめでとう。
【 2007/08/21 23:49 】

| 蒼空のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
戌の日の着帯
1ヶ月ほど前のことになりますが、7月15日は私にとって妊娠5ヶ月の戌の日でした。

蒼空の時は、主人の両親が安産祈願をして神社で買ってくれた腹帯を送ってくれたので、巻いて安産祈願をしました。
今回は、私の母が私を妊娠している時に巻いていた腹帯を巻いてみました。
onaka5.jpg

onaka52.jpg

もう30年前のものなので、黄色になっていて時代を感じますね。
その腹帯には産院で先生が書いてくれた「寿」の文字と日付が入っていて、母のおなかに私がいたんだなぁと思うと感慨深いものがあります。
母が私を無事に産んでくれたように、私も元気な赤ちゃんを産めますようにと祈りました。

その日はちょうど蒼空の日でもありました。
蒼空も空の上から見守ってくれているような気がしました。


【 2007/08/11 11:17 】

| 赤ちゃんに会えるまで | コメント(4) | トラックバック(0) |
マイナートラブル?おっぱいのトラブル
3週間くらい前から、おっぱいのトラブルに悩んでいます。

胸が大きくなるのにつれて乾燥してかゆくなってきたので、ベビーオイルで保湿をしていたのですが、3週間くらい前から乳輪(特に左の)がただれて小さな水ぶくれみたいなできものができ、つぶれて汁が出るようになってしまいました。
他にもおなかに赤い湿疹ができてかゆみがありました。
しばらく様子を見ていたのですが良くならないので、産婦人科で診てもらいました。

初めて会う先生だったので、なぜこのような症状になったのか、処方された薬についてなど何も聞けませんでした。
処方された薬は市販薬で、水虫の薬。
しかも乳輪とおなかの症状は違うのに、同じ薬でいいとのこと。
本当にこれでいいのか不安になってインターネットで調べると、カンジタ(真菌)に効くようで、産婦人科の掲示板(日本の)に書き込みをした返事もその薬で大丈夫なようでとりあえずは安心しました。
妊娠中は免疫力が低下するのでカンジタ膣炎などになりやすいようですが、私の場合は皮膚に出たようです。

2週間薬を使って汁も出なくなり、代わりにガサガサに皮が向けた状態になっていましたが、治ってきたのかなと思って1日2回塗る薬を1回にしたらまた悪化してしまいました。
やはり自己判断は禁物ですね。
ちょうどその頃妊婦健診があったのでいつもの担当の先生に診てもらいました。
はっきりした診断はしてもらえませんでしたが、3つの可能性を教えてもらいました。
1つ目はカンジタ(真菌)に感染していること、2つ目は妊娠中のホルモンの変化に体が反応していること、3つ目は肌のトラブル(もともと乾燥肌、アトピーなど)でした。
確かに私は乾燥肌で、アトピーのようになったこともあります。
という診断で、薬はそのままでいいとのこと。
もしも状態が良くならずかゆみがでた場合はステロイド(市販薬のステロイドが弱いもの)を使い、おなかの湿疹にも同じ薬を塗るように言われました。
はっきりした診断をしてもらえなかったのは残念ですが、皮膚科ではないので仕方ないのかな、とも思います。

健診から1週間経って、乳輪のただれは汁も出なくなりましたが、ガサガサに皮がむける状態はなかなか治らずかゆみもでてきたので、ステロイドの薬に変えました。
左の乳輪はきれいになってきました。
右の乳輪はきれいになったので、薬をやめて保湿クリームに変えたらまた汁が出るようになって。。。結局また薬を塗っています。

いつになったら薬をやめられるのだろう。。。
成分が弱いとは言っても一応ステロイドなのであまり長期間使いたくありません。
はぁ?、早く治って欲しいです。。。
【 2007/08/11 11:07 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エコーに行って来ました。
昨日、エコーに行って来ました。
まずは結果を。。。
赤ちゃんはどこにも問題なく、順調に育っていました!!
もううれしくてうれしくて、今でもじわじわと涙が出てきます。

前日の夜は不安で眠れなくて、蒼空に「赤ちゃんを見守ってね」と祈っていました。
昨日の朝、主人からもらった大切な腕時計を落としてガラスが割れてしまい、不安はピークに達して、病院へ向かう車の中で泣いてしまいました。
病院に着いても、蒼空の時のことを思い出してナーバスに。。。

でも、でも、赤ちゃんはとっても元気でした。
元気すぎて前回のエコー同様、技師さんを困らせるくらい。。。
30分以上かけて詳しく見てくれて、技師さん、先生と「問題ない」と言われた時は正直、信じられませんでした。

本当に?どこにも問題ないの?
順調なの?
もう心配しなくていいの?

あれだけ心配していたので、うれしいというよりも本当に?という気持ちの方が大きかったです。
でも、時間が経つにつれ、本当なんだ、赤ちゃんは元気なんだ、うれしい、ほっとした・・・という風に思えるようになりました。

性別も分かりました。
男の子です!
蒼空と同じ予定日は12月、そして男の子。
赤ちゃんは蒼空から想いを託されて生まれてくるような気がします。
蒼空と赤ちゃんは別の命だと思ってはいるけれど、赤ちゃんの中に蒼空を感じることができるような気がして、とてもうれしいです。

あと、感激することがありました。
昨日、蒼空のエコーをしてもらった時にとても優しく言葉を掛けてくれた看護士さんに出会いました。
でもその時は何も話しませんでした。
私は家に帰ってほっとした気分でいると、その看護士さんから電話がかかってきたのです。

今日病院で会った時に声を掛けてあげられなくてごめんなさい。
前回、赤ちゃんに問題があって悲しい想いをされたけど、今回は順調でよかったですね。
うれしいですね、私もうれしいです。
ご主人にもよろしくお伝えください。

なんて優しくて素敵な人なんだろう、と感激しました。
きっと、病院で私を見かけてカルテを見て思い出してくれたんだと思います。
でもわざわざ電話してくれるなんて。。。
こんな素敵な人に出会えたこと、蒼空のおかげだと思っています。
蒼空のおかげで素敵な出会いがたくさんあったこと、私はとても嬉しく思います。

赤ちゃんが元気なことが分かって大きな不安から開放されたことにまだ慣れませんが、これからは楽しく妊婦生活を過ごせそうです。
【 2007/08/08 00:26 】

| 赤ちゃんに会えるまで | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。