スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
蒼空とお別れするまで?アメリカの医療システム?
次の赤ちゃんを望むのにあたって、一度自分の気持ちを整理するためにも、今日から少しずつ、
蒼空とお別れすることになった経緯を書いていこうと思います。

今日は始めに、私が蒼空を妊娠してからお別れするまでの簡単な経緯と共に、アメリカの
医療システムについて書きたいと思います。

私が妊娠してから蒼空の病気が分かるまでは3つの病院、蒼空の病気が分かってからは
さらに2つの病院にお世話になりました。

妊娠が分かってから、友人に紹介してもらった産婦人科のクリニックに問い合わせたところ、
8週になったら来て下さいとのこと、しかも友人の話によると、出血などの問題がない限りは
初期にエコーはしないとのことでした。
正常妊娠しているか心配だったので、他に診てくれるところがないかいろいろ調べてみました。
不妊治療専門の日本人の先生が、妊娠初期は診てくれるというので、エコーを2回ほど
してもらいました。

私が通った産婦人科のクリニックは、エコーは週に一度決まった曜日しかせず、それ以外の曜日は
総合病院に行かないといけません。
血液検査も出産も総合病院でします。
産婦人科の小さなクリニックは、妊婦健診はクリニックで、出産は提携している総合病院で、
というシステムのようです。
エコーは初期にはせず、中期と後期に一回ずつ、あとは出産の時だけです。
アメリカでは病院によっても差はありますが、一般的には日本のように妊婦健診毎にエコーは
しないようです。
私の場合は、初期に少し出血があったので、9週でエコーをしてもらいました。

クリニックには産婦人科の先生は2人いて、両方の先生に健診をしてもらって、出産の時は
その日空いている先生が総合病院に来てくれるというシステムになっています。

蒼空の病気が見付かったのは、性別が分かると楽しみにしていた中期のエコーでした。
エコー専門の技師さんが最初に診てくれて、その後先生に診てもらいました。
頭の発達に問題があるから、詳しくエコーをしてくれる病院に電話してくれて、
その日のうちにその病院に行きました。
その病院でエコーをしてもらって蒼空の病気のことを詳しく聞き、今出産するか予定日まで待つか
決めて下さいと言われました。
エコーの後、看護士さんに母国語を聞かれて、日本語と答えると日本語の通訳さんを
呼んでくれて、先生との話し合いのときは立ち会って通訳をしてくれました。
そしてどちらにするか決めたら、クリニックの先生に伝えるように言われて帰りました。

お別れすることを決めた後、クリニックに電話して伝えると、出産する予定だった病院では
人工死産はできないので、他の病院を紹介すると言われて紹介されたのが、シカゴの
ある大学病院でした。
大学病院に行くと、日本語の通訳さんを手配してくれていて、先生との話し合いに立ち会って
くれました。
手術当日は出産する病室とは違う階で、待合室も手術をする患者さん専用で、多分婦人科の患者さんと、何かの手術をする妊婦さんで、重苦しい空気が漂っていたのを覚えています。
手術前、看護士さんが私の今までの病歴などのカルテを作っているとき、麻酔科の先生が麻酔の説明をしてくれるときなどは、電話同時通訳で日本語の通訳を付けてくれました。
この医療通訳制度はイリノイ州の法律で、病院は患者の母国語の通訳をつけなければいけないというものだそうです。
通訳さんの費用も患者が負担するのではなく、病院側が負担します。
日常の英会話がやっとの私にとって、医療英語はとても理解できそうもなかったので、
通訳をつけてもらえて本当に助かりました。

日本では人工死産(中期中絶)は22週未満ですが、アメリカでは23週未満となっているので、
私は22週2日で蒼空とお別れしました。
また、日本では出産という形を取りますが、アメリカでは(私の場合ですが)出産するか、
全身麻酔による手術にするか選ぶことができました。
手術の方が出産より少し母体にとって安全性が高いということと、肉体的・精神的負担を少しでも
減らすため、という医師の勧めもあって、全身麻酔による手術で、蒼空とお別れしました。
また、出産を選んでも72時間以内に出産できなかった場合は手術になる、と言われたのも、
手術を選んだ理由です。

蒼空とお別れした後は、2週間後に妊婦健診を受けていたクリニックで産後健診をして、
今に至ります。
スポンサーサイト
【 2007/02/28 07:38 】

| 蒼空のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
排卵検査薬
今回も排卵検査薬を使おうと思って始めて使う検査薬を買ってきました。

l2.jpg


今まではドラッグストアメーカーの排卵検査薬(7日分で$15)を使っていました。
ちなみに薬品王手メーカーの検査薬は7日分で$20前後です。
今回買ってみたのは、20日分の紙の検査薬で、$20だったので、お得感に惹かれて買って
みました。

しかし、思わぬ落とし穴が!
買う時に箱をよく読んだつもりだったのですが、読み落としてた・・・。
「検査薬のパッケージを開けてから30日以上経ったら使わないように」
と書いてあるではないですか!!
私の周期は平均33日。
排卵日より早めに検査を始めるので、次回の排卵日まで30日以上あります。
余ったら次回も使おうと思ってたのに使えないので、がっかりです。
でも、7日分でいつから検査しようと迷うより、20日分あるのでいつからでも始められる安心感が
あるからいいか・・・と思うようにしました。

今回もタイミングを合わせてがんばろう。
赤ちゃんが来てくれるといいな。
【 2007/02/27 08:22 】

| 赤ちゃんが来るまで | コメント(0) | トラックバック(0) |
お散歩
とっても天気が良くて暖かかったので、久しぶりにお散歩しました。
ここ1ヶ月ほど気温は常にマイナスで、どんよりした曇り空ばかりでした。
天気が良いと、気分も良いみたいです。

雲一つない青空の下を歩く・・・気分が晴れて気持ちよかった。
雪が溶けて水たまりがあちこちに。
水が流れる音チョロチョロ、ポタポタ。
水が太陽の光に反射してキラキラ。
自然の音に耳を澄ませ、鳥や動物たちを見ていると、爽快で安らいだ気持ちになれました。
あ?、春が待ち遠しい。

お散歩のおかげで今日はすっきりした気分です。

k2.jpg

凍った池はまだ溶けそうにありません。

j2.jpg

春はまだだというのに元気なリス。
もうちょっと待っててね。
【 2007/02/21 06:41 】

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
蒼空の日
15日は6回目の月命日「蒼空の日」でした。
まだ6ヶ月、もう6ヶ月、両方の想いがあります。
でもこの6ヶ月の間に、蒼空の全てを受け止めて、いい思い出にできるようになってきました。
毎日のように蒼空のコーナーに話しかけ、晴れた日には空を見上げる。
そんな風に過ごしていると、いつも蒼空が私のことを見守ってくれているような気がします。

先週はバレンタインもあったので、蒼空に風船を買って飾りました。
蒼空の日には、初めてあみぐるみを作りました。
1つは蒼空のために、もう1つはいつか会える次の赤ちゃんのために作りました。
かわいくできたのでうれしいです♪
蒼空も喜んでいるといいな。

g2.jpg

2匹のくまくんです☆

h2.jpg

蒼空のコーナー。
出産予定日12月17日に買った風船はもうぺちゃんこになってしまいました。

i2.jpg

次の赤ちゃんのために作ったコーナーです。

蒼空の日には特別なことは何もしないけれど、私にとって蒼空のことを想うとても大切な日です。
これからも蒼空は私の中で生き続け、空の上から見守ってくれていると思います。
【 2007/02/20 09:03 】

| 蒼空のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
焦らない焦らない
どうやら、もうすぐリセットのようです。
昨日は少出血があったので着床出血?と期待しましたが、妊娠検査薬は陰性。
インターネットで調べると、検査薬は生理予定日1週間後が確実な反応が出ると書いてあったので、もし生理にならなかったら1週間後に再検査しようと思っていました。
でも今日は基礎体温が下がりました。
また今周期も、いつ排卵するか排卵検査薬とにらめっこして、ダンナさんとがんばって、体調の変化にドキドキして、今度は基礎体温表とにらめっこして、生理予定日には妊娠検査薬を使って・・・
またそうなると思うと憂うつです。

先月「ゆっくりでいい」でゆっくりした気持ちでいようって書いたのに、やっぱり今回も
期待してしまっていました。
でも、そう簡単には赤ちゃんはやって来てくれませんね。

蒼空は、赤ちゃんがほしいと思ってから2周期目に授かりました。
1周期目は今まで付けていた基礎体温+排卵日は自分の予想で、2周期目は排卵検査薬を
使って。
今回は、1周期目は予想より早く排卵したため排卵検査は間に合わず、2周期目は排卵検査を
使って陽性も出たので、もしかしたら、と期待していたのですが、ダメでした。
でも、タイミングが合っても妊娠できる確率は約20%程度なのですね。
そう考えると、蒼空は本当にすぐにやって来てくれました。

今日体温が下がった基礎体温表を見ながら考えていました。
今月赤ちゃんが来てくれなくて焦っても仕方がない。
来月も再来月もある。
妊娠できたらいつでもうれしいし、先月妊娠していればよかったなんて思わない。
無事に出産できたらそれだけで十分で、先月生まれてればよかったなんて思わない。
今辛いと思っている1ヶ月なんてたいしたことないって気付きました。

蒼空は教えてくれました。
妊娠することの大変さ、妊娠したときの喜び、妊娠初期にはとても敏感になる基礎体温の変化や
体の変化、全部蒼空がいなかったら分からなかったことです。
自分の体もきちんと働いていることを教えてくれています。
周期は5日くらい変動がありますが、基礎体温は毎月2層にきちんと分かれています。
蒼空や自分の体に感謝して、いつか赤ちゃんが来てくれる日まで、今度こそ焦らずにがんばろうと
思います。
【 2007/02/15 01:06 】

| 赤ちゃんが来るまで | コメント(0) | トラックバック(0) |
胎児治療の番組
12月15日(金)にフジテレビで放送された「最先端医療が奇跡を起こす!最強ドクターが救った命と家族の絆スペシャル2」のDVDを借りて見ました。
借りた理由は胎児治療のことが取り上げられていたからです。

胎児治療という言葉は見たことがあったので、何か治療ができるんだ、とは思っていましたが、
実際の治療を見てショックも受けたし、感動もしました。
でも、手放しで賛成できないのが本音でした。

胎児治療は本当に必要なことなのでしょうか。
赤ちゃんの病気が早期に発見され、治療して治るならば、それはいいことだとは思うんです。
でも、リスク(赤ちゃんの命)をかけてまで治療をするべきなのか、やっぱり自然に任せるべきでは
ないのか・・・そういう思いもあるのです。
うまく言えないのですが、赤ちゃんの命がおなかに宿って、成長して生まれることは神秘なことで
あって、人の手に触れてはいけないような気がするのです。

番組の中では、心不全を起こした赤ちゃんに輸血、胸水を抜く手術、双子の赤ちゃんの
つながった血管をレーザーで焼く手術が取り上げられていましたが、双子の赤ちゃんは
1人亡くなってしまったし、他の赤ちゃんのその後は取り上げられていませんでした。
無事に生まれて育っているのでしょうか・・・。

私の気持ちが複雑なのは、やっぱり蒼空のことがあるからだと思います。
蒼空は多分、治療をできるようなレベルの病気ではなかったと思います。
でも、もし治療ができていたら助かっていたのかもしれない・・・。
なぜ治療ということを私は考えなかったんだろう・・・。
心のどこかで治療できた赤ちゃんがうらやましいと思っているのかもしれません。

私は矛盾しています。
蒼空のことは自然に任せて産んであげることができなかったのに、
治療に関しては「自然に任せた方がいい」なんて思っているのです。
一方で、もし自分の赤ちゃんが治療するしか助かる方法がないとしたら、
リスクがあっても治療してもらうかもしれない、と考える自分もいます。
でも、自分が何を思っているのか考えることができたことはよかったと思います。

番組の中で、産科の医師が言われた言葉に涙が出ました。
よく覚えていないのですが、「生きられなった赤ちゃんもたくさんいて、でもその上に医療というものがのっかって、知識となってこうして治療をできるようになった・・・」というようなことを
おっしゃっていました。
うれしかったです。
蒼空の病気も何かの役に立っているような気がして。
蒼空が生きられなかったことも無駄ではなかったような気がして。

私にとっては本当にいろいろなことを考えさせられる番組でした。
【 2007/02/15 00:05 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
14才の母
日本に一時帰国していた時、「14才の母」を見ていました。
11月末にアメリカに戻ってきたので、続きが気になって、最近DVDを借りて見ました。

早期胎盤剥離を乗り越えて命がけの出産、赤ちゃんの呼吸停止。
やっぱり出産ってすごいことなんだなと改めて感じました。
そして、赤ちゃんが無事に生まれることは奇跡に近いということも。

途中、自分の命か赤ちゃんの命か選ぶことがあったら・・・と考えるシーンがありました。
「自分の命か赤ちゃんの命か選べない、だって赤ちゃんは自分だけの物じゃないし、
1人の人だから」と言っていたけれど、実際本当に決めないといけなくなったら、
そんなこと言ってられないんだよ、と思って切なくなりました。
また、赤ちゃんの呼吸が止まったり、他の赤ちゃんと比べて悩んでしまうシーンやNICUの様子を
見て、私の友だちもそうだったのかな、きっと辛かっただろうなと思うと、涙が出ました。

私がこのドラマを見て一番驚いたのは、赤ちゃんの名前。
蒼空と同じ、「そら」ちゃんと付けたからです。
ドラマの中で、何かある度に空や月を見上げるシーンがありました。
そのシーンがとても印象的で、空を見上げる気持ちがすごくよく分かりました。
私も蒼空とお別れすると決まった時、お別れした後、何度も空を見上げては、
気持ちを落ち着かせていました。
不思議と空や木や、自然を見ると気持ちが安らぐのが分かりました。
自然ってすごいパワーがあるんですね。
あと、動物も。
実家の犬には本当に癒されたので、アニマルセラピーって本当だなって思いました。

名前の話に戻して、とにかく同じ名前でなんだかうれしかったです。
ダンナさんは、名前を付ける直前に空を見上げるシーンを見て、
なんとなく「そら」って付けるんじゃないかって思ったそうです。
予感が当たって、しかも蒼空と同じなので、微笑んでいました。

私にとってこのドラマは、14才という年齢は関係なく、赤ちゃんの命がおなかに宿って、
いくつもの問題を乗り越えて無事に出産した、そういうドラマでした。
自分のことを思い出して辛くなったり、友だちのことを考えて切なくなったりしましたが、
このドラマを見てよかったと思います。

【 2007/02/13 01:50 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
やっと蒼空に会えた
昨日、夢で蒼空に会いました。
お別れしてから5ヶ月、やっと蒼空に会えました。

昨日の夜はなかなか寝付けませんでした。
やっと眠れたと思っても、眠りは浅く、何度も目が覚めました。
朝起きた時に見た夢に、蒼空が出てきました。

 私が外から車の鍵を掛けていたら、助手席のヘッドレスト(っていうのかな?)の上に1歳くらいの
 男の子が座っていました。
 男の子はキラキラとした水色の光で包まれていました。
 私は見た瞬間に蒼空だと思って、「蒼空ー!!」と呼んで手を振りました。
 そうすると、蒼空がニコニコして手を振り返してくれました。
 本当に満面の笑みで、とってもかわいかった。
 うれしかった、蒼空に会えて。
 そして、蒼空は「行ってきまーす」と行ってキラキラの光と共に空に帰っていきました。

不思議な夢でした。
目が覚めた時、私は幸せな気持ちで包まれていました。
だって、やっと蒼空に会えたから。
会いたくて会いたくてたまらなかったから。
最近の私は早く赤ちゃんが欲しくて、でもそう思うことが蒼空に申し訳ないと思っていました。
蒼空が「もう僕のこと忘れたの」って怒ってしまうんじゃないかと・・・。
でも、蒼空は怒っていませんでした。
それどころか、本当に優しくかわいい笑顔でした。
あの笑顔は忘れません。
「僕は元気にしているよ、ママもがんばって」
蒼空がそう言っている気がします。

蒼空に会えたおかげで、今日は少しだけ元気になれました。
ダンナさんは今日は一泊の出張だけど、1人で眠れそうです。

今日も会いたいな、蒼空に。
【 2007/02/06 11:11 】

| 蒼空のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
うれしいプレゼントと私の気持ち
あまりにも元気がない私を見かねて、ダンナさんが会社帰りに花束を買ってきてくれました。
普段はそんな洒落たことをする人ではなく、誕生日にも花束を買ってきてくれるなんて
滅多にありません。
そんなダンナさんが私を元気付けようと花束を買ってきてくれました。
とってもうれしくて、単純な私は少し元気になりました。

j.jpg



でも、その元気は長くは持ちませんでした。
自分でもなぜだか分かりません。
特別何かがあったわけでもないし・・・。
何かをしている時はいろんなことを忘れて元気にしていられるけど、気を抜くとまた落ち込みます。
そんな時は、蒼空(コーナー)の前に座ってひたすらぼーっとする。
蒼空の前に行くと涙が出るけど、それも自然なことなので逆らわずに。
そうすると気が休まります。
でも、何時間もそうしている訳にも行かないので、気を持ち直して立ち上がります。

少しがんばって元気にしている方が楽な時もあります。
ずっと気分が下がったままの方が辛い時もあります。
でも、無理してでも元気にしていた方がいいのか、無理せず自然な気分のままの方がいいのか、
分からなくなってきました。

蒼空とお別れして5ヶ月、今になってまた情緒不安定な日々を送っています。

【 2007/02/05 03:11 】

| 日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
ただ時間だけが過ぎていく
タイトル通り、最近の私にとって毎日の生活は「ただ時間だけが過ぎていく」そんな感じです。
冬という季節のせいか、毎日寒くどんよりとした曇った空を見上げる心はどこか空っぽで虚ろ・・・
そんな感じがします。

アメリカに来て4年、最初の頃は英語に苦しみながらも新しい生活を新鮮に感じ、
いろいろなことに挑戦していました。
英会話に大学のコーラスに、地元の町のコーラス、ボランティア・・・。
しかしちょうど去年くらいから何となく生活に飽きて、今までしてきた活動もやめ、
友だちと会ったり家で過ごしたり、そんな日々を過ごしてきました。
そして蒼空を妊娠。
蒼空を妊娠してからは生活は変わらなくても、日々幸せでした。
ダンナさんが出張に行っても1人じゃない、さみしくない、そう思えました。
でも、また蒼空のいない日々。
ダンナさんが出張に行ったら1人っきり。
仲の良い友だちにはみんなお子さんがいる。
友だちと会っている時は楽しいけれど、やっぱりうらやましく思ってしまう自分がいます。

家に閉じこもることが多くなった私は、何か楽しいことはないかと考えるものの、
新しいことに挑戦する気力もなく、「ただ時間が過ぎていくだけ」・・・。
インターネットをしても、ブランケットを編んでも、テレビを見ても、今ひとつ集中力に欠けるというか、楽しくないというか。

こういうグチはあまり書きたくないけれど、あまりにも無気力なので、
自分を見つめ直すためにも書いてみました。
いつかまた楽しいと思える日々が来ることを信じて、少しずつ一歩ずつがんばっていこう。
【 2007/02/03 07:15 】

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
ベビーブランケット
ベビーブランケットを編んでいます。
かぎ針でひと針ひと針想いを込めて。
赤ちゃんがやって来てくれますように、健康に生まれますように。

ブランケットを編んでいる時は気持ちが安らぎます。
蒼空を妊娠していたときは、安定期に入ったら、性別が分かったら・・・と手作りで何かを作ることを先延ばしにしていて、結局最初に編んだベビーシューズ以外何も作ってあげられませんでした。
だから、今回はたくさん作ってあげたい、そうすればこんなに待ち望んでいるんだよという想いが
赤ちゃんに伝わるような気がして・・・。

今はここまで編みました。

f.jpg


小さなモチーフを編んで、つなぎ合わせています。
横幅を小さめに作っているので、後から横幅を大きくしようと思います。
最初から大きく作ると途中で断念してしまいそうだったので。

モチーフのアップはこちら。

g.jpg


水色のお花と白いお花のモチーフです。
立体的に浮き出るようなデザインなので、とてもかわいくて気に入っています。

少しずつ想いを込めて編んでいこうと思います。
【 2007/02/01 02:20 】

| 赤ちゃんが来るまで | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。